mitukamii2
http://mitukamii2.blog136.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
8月7日号  甲種法令  ガス栓の形状
2014-08-07 Thu 08:00
問題  ガス栓の形状等に関する技省令、告示で誤っているものは、いくつあるか。

a ガス出口側の形状は、告示で定める規格に適合すること。その他のものは適正な管、接続具等を接続した場合に、接続部の気密が確保できるものであること。
b 告示で定める着脱が容易なガス栓は、内部に過流出安全機構を有すること。
c ガス出口の形状が、ゴム管口又は迅速継手のものは、その形状がJIS「管用テーパねじ」に適合するものであること。
d ガス栓出口側がねじ接合により接続するものは、そのねじがJIS「ガス栓」に適合するものであること。
e 着脱が容易なガス栓は、ガス栓出口側の形状が、ゴム管口又は迅速継手のものとする。
① 0   ② 1   ③ 2   ④ 3   ⑤ 5


















解答解説
 正解は、③である。c、dが誤り。
c ガス出口の形状が、ゴム管口又は迅速継手のものは、その形状がJIS「ガス栓」に適合するものであること。
d ガス栓出口側がねじ接合により接続するものは、そのねじがJIS「管用テーパねじ」に適合するものであること。
a,bが技省令第45条から、c,d,eが告示第7条からの出題である。

スポンサーサイト
別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
8月4日号  乙種法令 計器室
2014-08-04 Mon 08:00
乙種法令
  ガス工作物の技術上の基準総則に関する条文で、誤っているものはいくつあるか。

 a製造所に設置するb計器室(cガス工作物を制御するためのd機器を設置している部屋をいう。)は、緊急時においても当該ガス工作物をe安全に監視できるものでなければならない。

 ① 0   ② 1   ③ 2   ④ 3   ⑤ 4
 


















解答解説
 正解は、④である。
a 特定事業所 d 機器を集中的に設置  e安全に制御
a 特定事業所とは、①コンビナート内にある製造所で高圧のガス発生設備を有するrもの。又は、②液化ガスを原料とする中圧もしくは低圧のガス発生設備を有する製造所で、①の出口又は②の入口におけるガス発生量が100万m3/日以上のもの。
 技省令第23条 計器室からの出題である。

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
7月28日  甲種法令 基礎の構造
2014-07-28 Mon 08:00
問題  高圧のガス又は液化ガスを通ずるガス工作物の基礎の構造は、不等沈下等により当該ガス工作物に有害なひずみが生じないようなものでなければならない、とされているが、その当該ガス工作物から除外されているものは、次のうちどれか。

① ガス発生設備
② ガスホルダー
③ ガス精製設備
④ 導管
⑤ 整圧器





















解答解説
 正解は、④である。
排送機、圧送機、圧縮機、送風機、液化ガス用ポンプ、昇圧供給装置、配管、導管、移動式ガス発生設備、ひずみが生じないように設置された高圧ガス工作物 が除外されている。
 技省令第15条の4からの出題である。

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
7月21日号  乙種法令  保安区画
2014-07-25 Fri 10:49
問題  ガス工作物の技術上の基準総則に関する条文で、誤っているものはいくつあるか。

(1) 特定事業所における高圧のガス又は液化ガスを通ずるガス工作物(a配管、導管を除く)は、ガス又は液化ガスが漏えいした場合の災害の発生を防止するために、b設備の種類及び規模に応じ、c保安上適切な圧力に区分して設置しなけれればならない。
 (2) 高圧のガス工作物等d相互の間は、ガスまたは液化ガスが漏えいした場合の災害発生を防止するために、e保安上必要な距離を有しなければならない。

① 0   ② 1   ③ 2   ④ 3   ⑤ 4
 


















解答解説
 正解は、②である。
cは、保安上適切な圧力ではなく、保安上適切な区画に区分して・・が正解。技省令第7条 保安区画 からの出題である。


別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
7月14日号  甲種・乙種  工事計画
2014-07-14 Mon 08:00
問題  工事計画
 工事計画に関する説明で誤っているものはいくつあるか。

a 工事計画の事前届け出の対象は、一般ガス事業の用に供するガス工作物の設置又は変更の工事であって、省令で定めるもの。ただしガス工作物が滅失・損壊した場合又は災害その他非常の場合においてやむを得ない一時的な工事としてするときは、この限りではない。
b  一般ガス事業者は、工事の計画を経済産業大臣に届け出なければならない。届けた工事計画を変更する場合も同様、ただし省令で定める軽微なものはこの限りでない。
c  届け出されてから30日経過後でなければ工事を開始してはならない。
d  大臣が、1)省令で定める技術基準に適合、2)ガスの円滑な供給を確保するため技術上適切なものであること、と認める場合は、bの期間を短縮できる。
e  大臣は d 1)2)に適合しないと認めるときは、bの期間内に限り、その工事の計画を変更し、または廃止すべきことを命ずることができる。
① 0    ② 1    ③ 2    ④ 3    ⑤ 4





























解答解説  正解は②である。c が誤り。
c 工事の計画を経済産業大臣に届け出なければならない。届け出が受理されてから30日経過後でなければ工事を開始してはならない。

別窓 | 模擬問題(法令) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ガス主任技術者試験取得の応援ページ | NEXT
2006-2017 template by [ALT-DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。