2018/02/13 (Tue) ガス主任WEB学習会のスタート

 フェイスブック上で「ガス主任WEB学習会」をスタートした。フェイスブックのグループを使っている。グループの紹介として「ガス主任技術者試験のWEBによる学習会です。毎週学習方法や模擬問題を発信します。ほかに受験生からの質問、意見交換なども行います。入会資格はガス主任受験生、退会は試験合格者です。」としてみた。

 そして、模擬問題も5問ほど入れた。技術士一次試験、1級管工事施工管理技士、家庭の省エネエキスパート試験、エネルギー管理士試験の問題から、私が一部改変している。これからは、週に1回程度のペースで記事をアップしていく。試験の学習方法やガスのトピックスなども入れる予定だ。読者からの質問&回答・意見も入れたいと思う。動画講座をやっているときも結構いい質問が来る時がある。ただ、守秘義務がありそれは一般には公開していなかった。もったいないと思うものもあった。今度はオープンだから、どんどん情報公開していきたい。
 入会・退会は自由だ。フェイスブック使ったことがない方は、これを機会に初めては如何でしょうか。フェイスブックは、本名で登録し、メールとパスワードを入れれば使えるようになりますよ。 
 ガス主任WEB学習会表紙写真

スポンサーサイト

試験の学習法 | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/17 (Sun) 今年のガス主任講座もすべて終了、私は一段落

  今年のガス主任講座や通信添削も全て終了し、私は一段落したところです。今年は、乙種のフル講座1社、模試&直前対策が10社合計約200名、動画講座が約200名、通信の添削が約20名合計400名ちょっとの方とお付き合いさせていただきました。他に模擬問題集を購入して学習された方、ガスエネルギー新聞を観て学習の参考にされ方など、感謝、感謝です。残念なのは、8月に予定していた東京駅周辺での特別講座が員数不足で開催できなかったことかな。
 さて、受験生の皆さんは最後の追い込み。そこで、私の資料を少し披露します。正しいようで誤っている問題、これは私がこの仕事をしていて気が付いたことを問題風にしたものです。参考になれば。(2017.09.18)

<基礎理論>
✔問題1 1モルのどの気体も、質量・体積が同じである。 → 1モルの体積はどの気体でも同じだが、質量は分子量によって異なる。
✔問題2 一酸化炭素を燃焼すると、二酸化炭素と水蒸気ができる。 → 一酸化炭素を燃焼すると、二酸化炭素だけができる。
✔問題3 連続の式では、流体は、管の断面積が変化したら流量も変化する。 → 流量は変化せず、流速が変化する。
✔問題4 クロムは、鉄より酸化しにくく、その酸化物は緻密で、耐酸化性を改善させ る。 → 鉄より酸化しやすく、その酸化物は緻密で、耐酸化性を改善させる。
✔問題5 1W(ワット)は電力の単位でもあり、エネルギーの単位でもある。1W=1Jである。→ 1Wは電力の単位でもあり、エネルギーの単位でもある。1W=1J/S である。
✔問題6 水と空気の粘度や動粘度は、水が大きい。→ 粘度は水が大きく、動粘度は空気が大きい。 
✔問題7 ベルヌーイの式で、運動エネルギーはρ・v2/2  (単位:m) で表される。→ 単位がmの場合は、v2/2gで表される。単位がPaの場合は、 ρ・v2/2  で表される。





試験の学習法 | trackback(0) | comment(0) |


2017/06/29 (Thu) 2017甲種ガス主任模試&直前対策講座の開催!!

20170629ガス特別直前対策チラシ

試験の学習法 | trackback(0) | comment(0) |


2015/06/05 (Fri) 乙種の方、メタンの燃焼反応は書けますか

 ガス主任の研修講師をやっている。今月は登壇数も多い。初めは基礎理論科目からだ。そして今年は何社もやっているから、受講生は同じ個所で引っかかることがわかる。それが、このメタンの燃焼反応。メタンの燃焼反応は
   CH4+O2→CO2+H2O
となり、このX,Y,Zを求めるものだ。ところが乙種の受験生には、この意味が全く分からない人も多い。そもそも化学式というだけで、アレルギーを起こしてしまうんだろう。

 この反応は丁寧に説明する。CH4とはC原子が1個,H原子が4個で構成される分子こと。次にYの求め方。YCO2のYとは、何個の二酸化炭素分子を持っているかという意味。まずCの数を両辺で揃えると、左辺のCが1個だから、右辺のCO2はY=1となる。次にHの数を合わせようとすると、左辺は4個、右辺はH2だから、Z=2。最後にOの数、右辺は4個。左辺は従って、X=2 となる。

 これを説明しても、わからない受験生がいる。たいてい2回は説明する。場合によっては3回目もある。この後、プロパンの燃焼反応へと進む。これで、アレルギーは取れたかな?甲種になると、過剰空気を入れた反応が主体となるため、ここは理解していないといけない。

試験の学習法 | trackback(0) | comment(0) |


2014/05/26 (Mon) ガスエネルギー新聞に連載開始!

業界紙「ガスエネルギー新聞」の新技術・新製品面に連載が始まった。「目指せ!甲種、14年度ガス主任技術試験傾向と対策」というコーナーである。この連載は、昨年に続き、2回目である。隔週で8回連載である。1回目は、ガス主任技術者というものの法的な位置づけ、合格率、学習方法、長い受験生活を乗り切るモチベーション維持の方法などである。2回目以降、科目別の傾向と対策、学習方法、模擬問題を出していく。
  ガスエネ新聞に連載

試験の学習法 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

ガス主任技術者試験取得の応援ページカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR